2017年 奏の会ピアノ発表会

こんにちは、奏の会ピアノ教室講師の本多祐里加です。
2017年10月22日にこまつ芸術劇場うららの小ホールにて、奏の会ピアノ発表会を行いました。
今年は3歳から50代のマダムまで、舞台の上で精一杯練習の成果を発表しました。

今年はお姉様たちの連弾で幕開け。
青いドレスが華やかです。

91836B9A-00A2-433A-B8DF-0F857DD7E4C1.jpg

最年少の3歳の女の子は、私との連弾で最後まで立派に弾きました。

D9C53277-0E21-46C1-912E-BA0CFAB42931.jpg

続く子どもたちも、みんな頑張りました。
レッスンではなかなか上手くいかなかったところが本番ではできたり、ちょっとした奇跡を起こした子もチラホラ(笑)
子どもの力ってすごいですね!
舞台裏に帰って来たときは、みんなホッとした良い顔をしていました。

2AF2875D-9B42-400D-90CA-F001831C9AAA.jpg
729A04D0-60C1-4829-9014-D3BCD8ED91B2.jpg
C1BF6486-4CA7-40B4-8753-86268DBCCE93.jpg

今年もファミリー演奏もありましたよ♪
ファミリー演奏はだいたい大人の方が緊張しています。
中には「何年も出続けて初めてちゃんと弾けた!」と喜んでいるお母さんもいました(^^)

4FBFF594-1337-4C57-B40F-BA323E2E30E8.jpg

連弾は子ども同士でもします。
息を合わせるのが難しい連弾は、ソロではできない勉強ができ、楽しみを味わえます。
そしてきっと連弾を通して学んだことは、これからのソロ演奏にも活きてくることでしょう。

947D356C-9DFA-4D46-A789-577FFC627CB0.jpg

さて、今年はプログラムの一つに合唱がありました。
中学生以上の生徒と保護者の有志による合唱隊SNK17です。
「奏の会17人の乙女たち」略して「SNK17」と名付けました(笑)
高校時代は合唱部だった私。
久しぶりの合唱で、テンションが上がりました!
声を出すって、みんなでハーモニーを奏でるって、気持ち良い〜〜!

0F4A665C-AB8A-4917-9114-448323BF14A1.jpg

プログラムの最後、講師演奏ではブラームスの4つの小品 Op.119を演奏しました。
不安だった自分の演奏ですが、なんとか流れ良く、気持ち良く演奏できました。
練習は大変だし、本番は気持ち悪くなるほど緊張するけど、この何とも言えない達成感があるからやめられないんですよね!
ピアノをやってて良かった!と思う瞬間です。
ピアノやってない人は損してると思うなぁ〜(笑)

奏の会の発表会では、中学生以上になると楽屋が使えます。
楽屋に不慣れな中学生たちも、ベテランのお姉様たちが声をかけたり何かと面倒を見てくれていたので、和気藹々と和やかに過ごしていました。
そうやって楽屋好きになっていく子も結構いるんです。
来年楽屋デビューの子たちも、楽しみですね♪

今年も沢山の方々のお力をお借りして、無事発表会を終えることができました。
私も晴美先生も、大変感謝しております。
皆様本当にありがとうございました。
生徒の皆さんには、今の達成感を胸に次の目標へと向かって頑張ってもらえればと思います(^^)
私もみんなと一緒に頑張ります!

7EC42EC7-869B-47A8-B53F-166E09679323.jpeg















奏の会 ピアノ教室 ホームページはこちらから♫

この記事へのコメント