ピティナ・ピアノコンペティションを終えて

こんにちは、奏の会ピアノ教室講師の本多祐里加です。

ピティナ・ピアノコンペティション地区予選が終わりました。
出演した生徒たち、お疲れさまでした。
本当によく頑張ったと思います。
レッスンでは何度も何度も飽きるほど同じ曲を弾いて、それでも尚「もっとここがこう、そっちが足りない」と言われ、投げ出したくなったこともあったでしょう。
直前のステップにも参加して、舞台で、人前で表現する難しさも感じたでしょう。
それでも投げ出さず、逃げもせずにやり切った。
そんな姿を見て、誇らしい気持ちでいっぱいです♡
その中で、音楽の楽しさや、達成感を味わってくれていたら尚、嬉しいと思います。
そしてまたこれからに向けて、目標を持って取り組んでくれたらと思います。
まだまだこれからの成長を、楽しみにしてるよ!(^^)

私自身は正直なところ、いろいろと力不足を感じた点もあり、もっと勉強しなきゃと焦っています。
焦っても仕方ないので、できることからコツコツとなんですが、とにかく燃えているんです(笑)
頑張る子どもたちの姿に、逆にパワーをもらった感じもあって(^^)
そしてそして、実は他にもパワーをもらえる出来事が…♪

なんと!
ウィーンに行ったときに、日本から付き添ってくださった都甲先生が、今回のコンペの審査をしにいらっしゃっていたんです♡
1日目に気が付いてメールをして、2日目にご挨拶することができました。
年賀状のやり取りだけなので、実際にお会いするのは6年ぶり!
またお会いできるなんて、とーっても嬉しかったです。

というわけで、先生にパワーをもらい、子どもたちにパワーをもらい、私はゴーゴー音を立てて燃えているわけです(笑)
今日はレッスンもないし、予定もない一日フリーなので、がっつりピアノを弾きたいと思います(*´ω`*)

最後に先生と撮ったお写真。
ほーんと、お会いできて嬉しかった♡

42327EB2-2075-427A-8D3F-1CBFE76AF0E8.jpg












奏の会 ピアノ教室 ホームページはこちらから♫

この記事へのコメント